無添加のFANCL化粧品が人気のワケ

ファンデーションを美しく仕上げるコツ

今回はファンデーションを美しく仕上げるテクニックを紹介します。

 

ファンデーションをキレイに仕上げるためにはメイク下地がかなりポイントになってきます。

 

肌の色ムラやくすみなどをカバーしたり、化粧くずれを防ぐのは、メイク下地が大きく関わっているからです。

 

メイク下地を塗ることでくすみはキレイにカバーされて、色ムラも均一に整えることができます。

 

そしてファンデーションの密着度が良くなるので、化粧が崩れにくくなるのです。

 

そしてベースメイクを美しくするための機能が色々あります。

 

まずは仕上がりの美しさをワンランク上げたい時には、専用のメイク下地を使用するようにしましょう。

 

FANCLからも「スキンケアベース」のクリーミィとリキッドがあり、発売されています。

 

また、ファンデーションの塗布量も大きなポイントとなります。

 

ファンデーションをたくさん塗ってカバーしようとすると厚化粧になってしまいますので、きちんと適量を守るようにしましょう。

 

そうすることで素肌感が出て、透明感のあるいきいきとした肌に仕上がります。

 

固形ファンデーションの場合は、パフの4分の1よりも少し広めにファンデーションを取り、顔全体に広げていきます。液状ファンデーションの場合は、手にパール粒大を出して、顔全体に塗布していきます。

 

リキッドタイプの場合には、手に10円玉サイズくらいの量を出し、塗っていきます。

 

ただし、小鼻の周りや目のキワは、化粧よれが起こりやすいので、ごく薄く塗るようにしましょう。

 

パウダーファンデーションで小鼻や目のキワを塗る時には、全体を塗り終えた後のパフを2つ折りにし、パフに残ったファンデーションで軽く押さえるようになじませます。

 

液状ファンデーションの場合は全体を塗った後、指に残った少量を使ってごく薄く仕上げてください。

 

また、基本的なことですが、ファンデーションを選ぶ時に色がとても大切になってきます。

 

FANCLには6種類の肌色があるので、首の色に合う色を選ぶと良いでしょう。